やっぱりNASCARは面白い

起きたのが13時過ぎでした(´-`;)
・・・ま、こんな日もありますw

先日少佐にNASCARの動画を見せました。色々と特徴を紹介したのですが、なかでもパーツを撒き散らしながら何回転も転がるクラッシュシーンではポカーンとしてました。彼の弟も「何これ・・・」とポカーンとしてました。「最近は中々見ないけど、この過激さがNASCARの面白い所なんだよw」と言っておきました。少佐曰く、「普通のレースかと思ったら随分と凄いんだな」とのこと。そうなんですよ。この過激さがF1とは違うんですよ。ただオーバルコースをぐるぐる回ってるだけのレースではないのだ(ババーン!)。

しかし学校のF1好きな友人に説明しても「やっぱりF1の方が面白いじゃん」「ただ楕円のコースをぐるぐる走ってるだけじゃんwww」「ふーん・・・で?」と言い返されました。まぁF1にはF1の面白さがあるからね・・・。
でもNASCARだって面白いんじゃー! ぶつけあったり、曲がった外装はハンマーで叩いてガムテープ貼って無理やり走らせたり、マシンそれぞれがカラフルで、ある時はいたる所でパッシングが起きている1周800mのコースを500周走ったり、ある時は1周2.7kmのコースを42台が3列集団で固まって320km/hで走ったり、クラッシュ後にドライバー同士がいがみ合ったりするのが面白いんだー!

――と書きましたが、決してF1をけなしているわけではないので。F1の放送はほぼ欠かさず見てますから(^^;

そんなわけで布教活動として動画でも貼っておきますw
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する