タコメータ装着

タコ ステー ボルト
タコメータがあると走りやすそうだったので取り付けることにしました。
タコメータはデイトナの電機式9000rpmスケールを採用。にりんかんで14,000円ちょいで買ってきました。それと、通販でハーネスと防振ステーを注文。ホームセンターではM6*35とM6*20のステンレスネジとエーモンのL字ステンレス金具を購入。そしてギボシ端子を購入して準備OKです。ちなみにギボシを取り付ける際に必要な電工ペンチは既にあったので買いませんでした。

配線手順は、
1.まずはメーター横のボルトをM6*35に交換してステーを取り付ける
2.配線開始
 ①バッテリー端子をマイナスから(取り付けるときはプラスから)先に外す
 ②コックがOFFになっていることを確認してから燃料ホースを外し(ガソリンがこぼれてくるかもしれないので注意)、タンクを外す
 ③タンクを外すと見えるイグニッションコイルにハーネスを割り込ませる
 ④ヘッドライトを外し、中にある配線軍団とご対面。電工ペンチでヘッドライト内のオレンジ線(DC12V)と黒白線(アース。ウインカー兼用)を切断。平型端子とギボシを使って並列になるようにつなぐ
 ⑤白色コード→ハーネスへ 赤色コード→DC12Vへ 黒色コード→アースへ
という具合です。

友人少佐が不器用な僕に代わって配線作業をやってくれたのですが、接続で苦労した所はギボシ端子を配線にくっつけるところでした。これだけで数時間費やしたものです(´・ω・`)
完成!
3,4時間近くかかってどうにか装着完了。白色LEDは明るいです。隣のスピードメーターが暗く感じるほどでした。若干右に傾いているので修正しようと思ったのですが、走っていて特に困ることがなかったのでそのままにしています。
あと、走り出すとメーターパネルが結露します。温度差があるせいでしょうか。これについても特に問題はないので今の所放置しています。

総じて、費用対効果の高いカスタムでした。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する