アルプスあずみのセンチュリーライド参加(当日)

3時過ぎに起床。こんな時間に起きるのは弾丸ツーリングに行く時ぐらいなので、もう少し寝させてくれ・・・というわけにはいかない。もぞもぞとベッドから這い出て、朝食を取りつつ出走の準備をする。

フロントに行くと、すでにK君が準備を整えていた。おはよーっす。
後泊するK君と異なり、僕は今日がチェックアウトの日。なので、荷物を全部ハスラーに積み込む時間を要した。バタバタと準備を整えて、うっすらと明るくなってきた豊科の田園風景の中を走り出す。

DSC00973.jpg

1箇所道に迷いつつ、スタート地点の国営アルプス安曇野公園 堀金・穂高地区 穂高口に到着。受付は昨日済ませているので、そのままスタートゲートの待機列に並ぶ。

DSC00974.jpg

パラパラと雨が降る中、スタート時間の直前にはこんな行列が出来上がっていた。これでも僕らが走る120kmクラスの一部で、梓水苑では160kmクラスがスタートの時間を待っている。改めてこのイベントの規模の大きさを感じた。

スタートの合図とともに、5人前後の単位で次々とスタートしていく参加者。
僕らの番になって・・・スタート!

DSC00976.jpg

普段1人で近場をチョロチョロ走っているだけに、同じ方向に、同じ目的のローディーが隊列を組んで走っている様は、追走しているだけで面白く楽しい。とはいえまだスタート直後ということで隊列という隊列もなく、点々と走っている感じ。
山麓の細かいアップダウンを繰り返しながら、全体的には下り基調の第1エイドまでのコース。雨も少しずつやんできて、日中の晴れ間を予感させた。

DSC00980.jpg

第1エイドに到着。地面に横たえられた大量のロードバイクを見て、思わず「ここだけでどれだけの総額の機材が置かれているんだろ・・・」と思ってしまった。

DSC00981.jpg

ここではAACR名物の味噌おにぎりを頂けた。AACR参加者の中には、この味噌おにぎりを食べるがために参加している人もいるほどの名物だそうだ。
ということで僕も食べてみたが・・・これはうまい! ていうか、味噌もさることながらおにぎりも程よく握られていて美味しい。これはリピーターになるのも分かるなぁ。

DSC00984.jpg

続いてやってきた第2エイド。木崎湖の手前のローソンの裏手にある公民館がエイドステーションとなっていた。普段バイクで白馬に来る時に横目で通過するローソンの裏に、こんな場所があったんだなぁ。

DSC00989.jpg

ここではまずひやむぎを頂く。日が出て暑くなってきたので、さっぱり冷たいひやむぎが美味しい。2杯も頂いてしまったw

DSC00988.jpg

DSC00987.jpg

続いて地元のお店が作った羊羹。疲れた体に優しい甘さが染み渡る。
という具合に、エイドステーション毎に様々な食物が用意されているのが、このAACRの魅力の一つであったりする。

DSC00992.jpg

春に桜を見に来た中綱湖を過ぎて、青木湖に到着。湖面越しに冠雪した北アルプスを見れる場所ということで、多くのローディーが停まって写真を収めていた。
ここで写真を撮られていたAACRのオフィシャルカメラマンのお兄さんがサービス精神旺盛で明るく気さくで、楽しそうにグループの写真を撮ってあげている姿が印象的だったなぁ。写真を撮られるこちらの気持ちも表情も明るくさせる立ち居振る舞いをする姿は、流石プロだなと思った。

青木湖を過ぎ、佐野坂の交差点を国道に折れずにそのまま直進。信号待ちの都合で先頭になってしまったので、ダウンヒルで一気に速度を乗せて白馬の田園地帯へ突入。隊列の先頭を切って走るのは中々爽快だった(でもすぐにガチ勢に一気に追い抜かされていくのであった)。

DSC00999.jpg

野平集落手前の松川大橋は、写真を撮るローディーでごった返していた。他の自転車が写っていない瞬間を狙って1枚。

DSC01002.jpg

DSC01004.jpg

DSC01007.jpg

白馬のエイドステーションに到着。この頃になると、空は完全に青空になっていた。澄み切った空の下で頂く豚汁とおにぎりが美味しい。思わずもう1セット頂いてしまうほど美味しかった。

DSC01008.jpg

どうですか、この爽快な風景。こんな風景の中を走るのは最高に気持ちいい。惜しむらくは、走っていて気持ちいいので途中で止まって写真を撮るタイミングを何度か失ってしまったことだった。GOPROみたいなアクションカムを搭載して走行中の写真も収めるべきだったな・・・というのはブロガーならではというべきか。

白馬を折り返し、来た道を戻って木崎湖から美麻へぷちヒルクライム。しかしヘタレローディーにとって、80km走ってからの坂道は結構来るものがあってですな・・・。でも他のローディーが押して歩いている横を、遅いながらも足をつかずに頑張って登りきれたのはちょっとした自信になった。

DSC01012.jpg

DSC01013.jpg

そしてやってきた美麻エイド。ここも少し前にバイクで来たばかりw 用意されていた食事は冷奴とそば粉を使った薄焼き。冷奴は胃に優しくて美味しかったけど、もう少し腹がふくれるものがあると良かった(;´Д`)

DSC01021.jpg

こんな風景の中をエイドでまったり。のどかでいいじゃないか~。

DSC01028.jpg

美麻エイドからは少し坂を登って一気に下っていくのだが、その頂上付近には中山高原というちょっとした花畑が広がる場所がある。ここは初秋に来るとそばの白い花が咲き乱れて、とてもきれいな風景が広がっている。5月は菜の花畑が広がっていた。

大町まで下って郊外の広い道に入ったら、隊列は一気にスピードアップ。K君もここぞとばかりにスパートを掛けて、僕も頑張って追随。30km/h台後半でガシガシ踏み込んで突き進んでいく。

DSC01031.jpg

かなりいいペースで来ているので、高瀬川にかかる橋で写真撮影がてら一休み。

DSC01032.jpg

DSC01033.jpg

最後のエイドステーションに到着。このエイドまで来ると、敷地のあちこちで昼寝をしている人が多々見受けられた。爽やかな風吹く陽気の中、日陰で昼寝したら気持ちいいだろうなぁと思いつつ、我々は食を求めてスタッフの元へ。

DSC01035.jpg

DSC01034.jpg

冷えたりんごジュースとごまだんご! もうちょっと腹にたまるものを(ry
あ、でもりんごジュースはかなり美味しかった。さすが長野。

DSC01036.jpg

お腹も空いて体力も尽きかけて、でも最後の最後の長い坂道も足をつかずに登りきって、無事にスタート地点であった国営アルプス安曇野公園 堀金・穂高地区 穂高口にゴール! キンキンに冷えたアイスの入った「おめでたい焼き」が美味しい! 富士五湖巡りライドで130kmを走りきれていたとはいえ、120kmのコースを無事に走りきれたのは嬉しかったなぁ~。初夏の白馬エリアに広がる風景は大好きなので、その風景の中を走れたのも気持ちよかった。また機会があれば参加してみたいな~。

DSC_0308 (1)

しばらくゴールの余韻に浸りながらゴール地点でまったりしてから、ホテルまで移動。停めさせてもらっていたハスラーに自転車を積み込んで撤収準備。後泊するK君と別れて、僕は渋滞し始めている中央道に乗って家路へと着いた。途中みどり湖PAで軽く仮眠をした程度で眠気は吹き飛び、21時ぐらいには自宅へ戻ることができた。

てことで、今までに経験したことのない経験をできたアルプスあずみのセンチュリーライド。近場をチョロチョロ走ったりヒルクライムに挑戦したりするのも楽しいけれど、こういうサイクルイベントに参加すると、また違った楽しさがあって良いなと思った。
この先こういうイベントに参加できるかは分からないけれど、また機会があれば参加してみたいなと思ったイベントだった。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する