北信花見ツーリング

これまた4月の話をようやく記載するのであった。桜ツーリングネタを、既に葉桜になっている5月の今頃に更新するとは・・・w
4月21日に、長野へ桜ツーリングに行ってきた。ルートは、白馬を起点に東へ進み、最後は湯沢へ抜けるというコース。久々の弾丸ツーリングとなった。

久々の太陽が出る前の4時前出発で、一路白馬へ。安曇野ICを降りてすぐのところにあるマクドナルドで、眠気調整&朝ごはん。ソーセージエッグマフィン好きなのよね。

IMGP0971_20180513190330993.jpg

最初に訪れたのは中綱湖。ここは早朝の無風の日に来ると湖面に映り込む桜の姿が美しいことで評判だけど、こんな日が昇ってしまって微風の吹く時はそんな姿をお目にかかれない。まぁでも湖の畔に咲く桜の姿は綺麗だった。

IMGP0993.jpg

続いて訪れたのは、白馬は野平地区の一本桜。ただ・・・ここは人で溢れかえっていた。おまけに畑やあぜ道に入って写真を撮っている人もいて、時折それを注意する人の怒号が飛び交っていた。聞く所によると、この地区の方からも怒りの声が飛んでいたそうだ。
「マナーもへったくれもない・・・」と思わず思ってしまった。

IMGP1004.jpg

野平から移動している最中に案内看板に惹かれて訪れた四十九院。「こぶし」という白い花が見頃を迎えていた。結構見ごたえのある場所で、水田に映り込む姿を地面に這いつくばりながら写真に収めていた。

IMGP1021.jpg

美麻から続く大町街道沿いにある水車小屋。のどかで落ち着く風景。

IMGP1060.jpg

長野市を経由してひた走り、久しぶりにやってきた新潟県の龍ヶ窪。残雪が多くて、入口に近い池の畔までしか行けなかった。
しかしペンタックスのCTEが描き出す緑の情景がたまらなく美しい。緑色が好きな僕としては、ペンタックスのカメラからは離れられそうもない。

IMGP1028_20180513190336c57.jpg

中子の桜・・・は風が水面に波紋を作り、きれいな水面反射には程遠く。でも池の畔に咲く桜と手前側に停められているトラクターの対比が、なんとも牧歌的で印象的だった。

中子の桜を後にして、湯沢方面へとワインディングを駆け抜ける。これぐらいの時期になると気温も高くなって、W8を寝かし込むのも気持ちよくなってくる。決して速いスピードではなくても、マイペースで過ぎ去る景色を楽しみながら気持ちよく流せるのがW8の魅力。

湯沢まで降りて夜18時。たまたま湯沢IC近くのホテルに両親と新潟の親戚が泊まりに来ていたので、折角なので宿泊先のホテルを電撃訪問してきた。
新潟の親戚と会うのは1年ぶりだったが、覚えて下さっていて暖かく迎えてくれてありがたかった。前回お会いした時は礼服だったので、今回はホコリのついたライダーな格好でさぞかしビックリしただろうなぁ。ちびっこからは「もう帰っちゃうの(´・ω・`)」と寂しがられたが、「また遊びに行くから待っておれー」と約束を交わした。帰りがけにお小遣いを頂いてしまったが、まさかこの歳になってお小遣いをもらえるとは思っていなかったので、恐縮の限り・・・。

IMGP1058.jpg

帰りに立ち寄った赤城高原SAは、いつの間にかリニューアルされて小奇麗な佇まいになっていた。なんでもつい1ヶ月少々前にリニューアルされたばかりなのだとか。
しかし帰りの関越道が全く渋滞がなかったのがビックリした。渋滞のない関越道なんて違和感がありすぎる・・・と思う程度には、「週末の関越道=渋滞あり」の構図が出来上がっているんだなと思ったり。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する