3_伊勢志摩ライド

キャプチャ6

赤福ぜんざいを食べたかったので、伊勢志摩へ行ってきた。

\赤福ぜんざい食べたい/

という思いが爆発してしまったので、伊勢志摩へ行くことにした(唐突
折角行くのならば、最近ハマっている自転車で走ってみようと思った。
そこでK君に話を振ってみたところ、見事に食いついてくれたので2人で赤福ぜんざいライドをすることにしたのであった。

DSC00779.jpg

1時半に起床。
こんな時間に起きるのはホント久しぶりだなぁ。
ぼんやりした頭を起こしながら、前夜に準備しておいた荷物をハスラーに積み込んで出発したのは2時過ぎ。
今回はハスラーと電車によるハイブリッド輪行スタイルです。

今回はRL6になってから初めてのハスラーへの積載だった。
UC9に比べてRL6はコンパクトかつ軽量になったので、ハスラーへの積み込みは余裕。
シートベルトとPP紐によるタイダウンもスムーズにできた。
ぐらつきもないし、中々良いんじゃないでしょうか。

ラジオを聴きながら新東名をひたすら西に走って、刈谷駅近くの神田駐車場に到着したのは6時。
ここは24時間以内なら700円で駐車できる。
ちなみに今回はどこの駅の駐車場に停めるかをかなり調べていたのだけれど、その辺りのあれこれは長くなりすぎたので別記事にまとめてみようと思う。

DSC00780.jpg

ということで刈谷駅に到着。
刈谷というと高速道路のハイウェイオアシスのイメージしか無いので、刈谷から電車に乗るというのが違和感ありまくり。
JRのロゴの色が見慣れた緑色(JR東日本の色)じゃなくてJR東海のオレンジ色なのも違和感ありまくり。
だからこそ旅情に浸れる。

DSC00781.jpg

東海道本線(区間快速)の最後尾に乗って名古屋へ。
朝早い時間の電車だったけど、名古屋駅では結構降りる人が多かった。
乗車1時間弱前に到着してしまったので、待合室でのんびり朝ごはんを食べながらK君を待つ。

DSC00783.jpg

DSC00784.jpg

「久しぶり!」と挨拶を交わしながらK君と合流し、直後にやって来た近鉄特急に乗車。
輪行時は自転車の置き場所を確保する意味合いもあって最後尾席を確保するのがセオリーではあるものの、まさかお互いに同じ号車の最後尾席を座席指定しているとは思わなかった。
これには思わずお互い爆笑。

DSC00788.jpg

DSC00790.jpg

宇治山田駅で下車して、伊勢神宮の内宮へ。
おかげ横丁で駐輪場を探しながらさまよっていたら、いつの間にか宇治橋の駐輪場まで辿り着いていた。

DSC00786.jpg

6年前に雨宿りしていた東屋もまだあった。
懐かしいなぁ。

DSC00794.jpg

今回の旅の最大の目的である赤福ぜんざいを、おかげ横丁で食すのであった。
焼きたてのお餅に、優しい甘みのこりゃ美味しいわ・・・。
付け合せの塩昆布と梅干しがいいアクセントになっているし、焼きたてのお餅も美味しい。素晴らしい。
ちなみに関東と関西とでは「おしるこ」と「ぜんざい」の意味合いが異なることを今知った。
火鉢の傍で暖を取りながらまったりしていたら、雨がポツッと・・・って、今日降水確率10%の晴れ予報なんですが。

DSC00799.jpg

強い西の追い風に乗って、我々にしてはハイスピードで鳥羽方面へ。
今日のお昼はK君オススメの海鮮料理店。

DSC00797.jpg

DSC00798.jpg

僕は手こね寿司膳、K君は貝づくし膳。
美味しいな~って思いながら頂いていたら、すぐとなりのカウンターで重さを量られたり調理されていく伊勢海老の姿が。
そう、ここは伊勢海老で有名なお店だったりします(金額がアレなので食べませんでした・・・)。
DSC00800.jpg

峠道でアタックを仕掛けてきたK君とバトルしたりしながら志摩方面へ。
そしたら北西から流れてきた雨雲に直撃して結構な降りっぷりに。
ちょっと大きいバスの待合所に逃げ込んで、30分ほど雨宿り。
こりゃ冬型が強すぎて、関ヶ原方面から雪雲が流れ込んできてますなぁ。
時折みぞれっぽい姿も舞ってたし。

DSC00809.jpg

DSC00804.jpg

でもその後は青空が戻ってきて、快調に走行できた。
最後に立ち寄った阿児の松原では、素晴らしい志摩の綺麗な海を望むことができた。
終わりよければすべてよし。

ダウンロード

K君が持ってきたミニ三脚とかTHETAで遊ぶの図。
いや、THETA凄いよ。

DSC00813.jpg

最後は賢島駅に続く長い坂道で、アタック合戦。
坂を登っては少し緩くなって、頂上かと思ったらまた坂があっての繰り返しで、まさかこんなに高い所にある駅だとは思わなかった。
賢島駅にたどり着く頃には脚完売・・・ごっつあんです。

電車が来るまでは輪行の準備をしたり、おみやげコーナーを眺めてブラブラしたり。
予定より1本早い17:30発の特急に乗ったら、後は爆睡して名古屋まで。
桑名辺りで起きたら、窓の外で雪が舞っていたのはびっくりした。

新幹線で帰るK君とは名古屋駅でお別れ。
東京方面行きの新幹線は数日前でも最後尾席の指定を取れなかったのに、大阪方面行きは乗る直前でも最後尾席を指定できていたのがちょっと羨ましかったw

DSC00822s_2018022122205988a.jpg

僕は東海道本線で再び刈谷へ。
流石に一気に神奈川まで帰るのは眠気と疲れ的に危なそうだったので、三河安城駅そばの東横インに泊まることにした。
刈谷からは車で30分ぐらいかな。

DSC_0097 (1)

翌朝は少し早めに出発して、マックで朝ごはんをとりながら神奈川へ。
11時には自宅に到着することができて、潮風を浴びた自転車を洗ったり整備したり、昼寝をしたりする余裕があった。
今まではバイク旅でも無理やり1日で収まるようにスケジューリングしていたけど、1.5日あれば旅の充実感は1日プランよりもあるし、土日2日間をフルに旅に当てるよりも「旅以外のこと(掃除とか昼寝とかあれこれ)」に時間を割り当てることもできて、結構いい感触を得られた。
またこういう1.5日の小旅行はやってみようと思う。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する