御神渡りを観に行ってきました

ニュース記事を眺めていると、5年ぶりに御神渡りが発生したとのこと。
御神渡りと言えば諏訪の冬の風物詩であるものの、近年は温暖化の影響で発生頻度が減っているそうな。
つまりこれを逃せば、また来年見れるという確証はない。
これは行くしかない・・・!

ということで、週末の隙間タイムを利用して、御神渡りを見に行ってきました。
今回の移動手段は夜行バス+電車。
というのも、日曜日のお昼から樹と横浜に出かける予定が入っているので、土曜日の夜から日曜日の昼までの限られた時間で諏訪まで行かなければならない。
調べてみるとアルピコバスが成田発上野経由で松本を通過するバスを運行しており、これを利用すれば上野を23:40に出て、松本に5:35に着くことができることが分かった。

・・・「分かった」としれっと書いているけど、夜行バスは体力回復レベル的にはきついんだよねw
まぁでも滅多に見れない御神渡りだし、それぐらいの対価は致し方ありませんな!

ちなみに没になった案。

案①:ハスラーでの出撃
慣れない雪道走行のリスクを考えて却下。
雪用ワイパーも装着していないからね・・・雪国に行くのならば油断大敵です。

案②:始発の電車に乗っていく
八王子まで移動して始発に乗っても、約束の日曜日のお昼までに戻ってくることができない。
よってこの案も却下。

DSC_0070.jpg

ということで京成上野駅前の集合場所に着いたのは23:10。
集合時間の23:40になってもバスが来ないので少し不安になったけど、23:45ぐらいに1号車が到着。
僕が乗る2号車は続けてやってきた。
予約メールには「メールを印刷して持ってくるよう」に書かれていたけれど、スマホの画面でメールを見せればOKだった。
てか、他の乗客の大半がスマホ画面を見せて乗車したので、まぁそういうものなのだろう。

今回乗ったバスは独立3列というシート配列。
いわゆる観光バスのような4列席に比べると、隣の人と密着していないので多少はゆったりと過ごすことができる、とのこと。
おまけに各シートにブラインドカーテンが備え付けられていて、隣の人の寝顔を見ることもない。
窓枠のカーテンもマジックテープで隙間なく貼られていたり、随所に夜間の移動時間を快適に過ごすための工夫が見受けられた。

IMGP9407.jpg

IMGP9411.jpg

寝たのか寝てないのか分からないけど、気づいたら5時に。
バスは松本駅前のバスターミナルに定刻通り到着。
とりあえず駅前のマックで朝ごはん。

IMGP9417.jpg

普通電車は30分に1本ぐらいしかないので、少しでも長く滞在できるように、予定していた6:33の普通電車の前を走る6:08発のあずさに乗った。
もう少し古い車体のイメージがあったので、思っていた以上にきれいな車体でビックリ。

IMGP9418.jpg

ついでに将来の輪行に備えて、荷物の置き場所をチェック。
デッキは縦置き状態なら置けそうかなぁ。

IMGP9421.jpg

座席裏側は、テーブルが飛び出しているからギリギリかなぁ・・・。

IMGP9423.jpg

IMGP9422_201802182216595bd.jpg

IMGP9424.jpg

岡谷に到着。
まさに雪国って感じな雰囲気が広がっていた。
昨夜にそこそこ雪が降ったようで、あちこちで家の前の除雪をされている姿を目にする。
ここから30分ほど歩いて、諏訪湖の西側に位置する湊地区へ向かう。


IMGP9426.jpg

前日のみぞれ混じりの雪で御神渡りが溶けているのではと心配していたけど、湖沿いに歩いていると、遠くに氷が白く隆起している姿が目に入ってた。
「御神渡りか!?」とはやる気持ちを抑えながら、でも歩くスピードを上げて近づいていく。

IMGP9431.jpg

IMGP9505.jpg

明るんでくる空の下、諏訪湖に描かれる一筋の御神渡り。
単なる自然現象と言ってしまえばそれまでだけど、背景にあるストーリーとあいまって、ただただ感動。
カメラを手にしたまま、暫くの間シャッターを切れなかった。

しかし御神渡りの先にピンク色のイオンの看板があって、一瞬「神様は酔っ払って千鳥歩きしながらイオンに買い物に行ったのだろうか・・・」と思ってしまったのはここだけの話(何

IMGP9512.jpg

ひとしきり写真を撮って、諏訪湖の北岸にある赤砂崎へと向かう。
Google mapによると、距離は大体徒歩1時間弱。
次は車で行こうと思った瞬間だった。

IMGP9551.jpg

IMGP9547.jpg

IMGP9533.jpg

こちらの方は下諏訪駅から近いこともあってか、湊地区以上に賑わっていた。
岸辺にせり出すように隆起している御神渡りは迫力があるな~。

IMGP9554.jpg

IMGP9555.jpg

ひとしきり楽しんだ所で、そろそろ神奈川へ戻ることに。
下諏訪駅では売店で買った軽食をとりながら、30分ほど待合室でのんびりと。

IMGP9556.jpg

駅に掲示されていた、今回の御神渡りのイメージ図。
緑の線が、僕が観た御神渡り。
こうして見ると長い距離に渡ってひび割れて隆起しているんだなぁ。
この御神渡りの長さや交差具合とかで、その年の吉凶とか豊作・不作とかを占っているのだそうな。

IMGP9567.jpg

10:16発のあずさ12号で八王子へ。
まだ早い時間なので、自由席の乗車率も少なめ(でも山梨を抜ける頃には殆どの席が埋まっていた)。
夜行バスによる寝不足と歩き疲れとが相まって、諏訪の市街地を抜けた辺りで意識がドロップ・アウト。
気づいたら相模湖まで移動していた。

横浜での予定にも間に合い、御神渡り見物弾丸ツアーは無事に終了。
弾丸だったけど、いい旅行となった。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する