アルプスあずみのセンチュリーライドエントリー

ロードバイクを楽しむ方向性は色々あると思います。
レースに参加したり、ストイックに鍛えたり、カスタムしたり、ファンライドしたり。

十人十色の楽しみ方がある中で、僕の志向はなんだろうと考えたところ「旅×写真」というフレーズが浮かびました。
誰かと競い合うわけでなく、オートバイ以上に密にその地の香りを楽しみ、気ままに足を止めて目の前の風景をカメラに収める。
そんなスタイルを楽しみたいと思いました。
副次効果として足腰・心配を鍛えて30代の衰える体力を維持しようという魂胆もありますw

そんな折見つけた「アルプスあずみのセンチュリーライド」というサイクルイベント。
4月・5月の白馬エリアを走り、食を楽しみながら北アルプスのある風景を楽しむイベントです。
白馬エリアはバイクでは何度も訪れていますが、自転車であの爽やかな空気を味わいながら走るのは気持ちよさそうだなぁ。
エイドステーションというところで食べられるネギ味噌おにぎりも美味しそう。

で、その話を先日浜名湖一周を一緒にしたK君にしたところ、興味ありとの返信が。
ということで、今回は2人でこのイベントに挑戦してみることにしてみました。

エントリー峠

しかしこのアルプスあずみのセンチュリーライドはかなりの人気イベントらしく、「エントリー峠」と言われるほどに応募するのが難しかった模様。
先着順で受付なので、受付サイトにつながったものの受付終了だったという人が多かったようです。
うーむ、これは長期連休のフェリー予約サイトアクセスに通ずるものがあります。
果たして応募できるのか。

応募当日

キャプチャ2q

K君とSkypeがつながらなかったので、電話で話しながら1月20日(土)の10時にエントリーページにアクセスを開始!
・・・したものの、アクセス過多でページが変遷しません。
公式HPはサーバー落ちして、嫌な予感が一瞬よぎります・・・が、K君が先にエントリーページに到達。
少し遅れて僕も到達。
はやる気持ちを抑えて、確認しながらエントリー時の質問事項を埋めていきます。

キャプチャ32

結果的には、狙っていた緑のアルプスあずみのセンチュリーライド120km1組(5月開催)にエントリーできました。
想像していたよりあっさりと予約できたなと思いましたが、160kmクラスの出発時間が早い組は早々に定員に至っていたようです。
全体的にも12時前の段階でほぼ全てのクラスで受付締め切りだったので、やはり人気のイベントであることは間違いないようです。
もっとも、イベント同日には他にも主要なサイクルイベントが催されているそうで、そちらにも分散されたということもありそうですが。

その後はすぐに前泊する宿を予約。
イベント当日のスタート時間が5:00と早いことに加え、受付が前日ということなので、いくら弾丸ツーリングを嗜む僕でも前泊しないことには始まりません。
120kmコースのスタート地点は国営アルプスあづみの公園 (堀金・穂高地区)なので、そこに近い穂高駅近辺のホテルにしました。
大浴場があるホテルなので、疲れた身体をしっかり癒やして当日に臨めることを期待しています。

あとは当日がいい天気であることを願うばかりです。
Twitterのフォロワーさんも参加されるそうなので、どこかでお会い出来たらいいな~。

その後

その後は12時過ぎまでK君と自転車トーク。
色々とオススメの用品を教えてもらったので、少しずつ装備を拡充していきたいなぁ。
ホイールとかライトとかウェアとかアクションカムとか(物欲爆発フラグ

あとは今後のサイクリング計画についてもトーク。
2月に赤福ぜんざいを食べに行くライド、3月に週末で弾丸しまなみ海道サイクリングをしたいね~という流れとなりました。
まずはベースプラン作らねば。

しかしここまで自転車熱が燃え上がるとは思わなかったなぁ。
W800が拗ねてしまわないように、程々に楽しまねば。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する