GWドライブ編その2

GWドライブ編2日目。
この日はあしかがフラワーパークへ藤を見に行くことにしています。

あしかがフラワーパークといえば、『CNNが選ぶ世界の夢の旅行先10ヶ所』にランクインし、一躍超有名観光地になったところです。
目玉の大藤を目指して日本だけでなく海外からも観光客が多く来園するので、相当の混雑が予想されます。
ざっと調べてみると、駐車場待ちでかなりの時間を待つことになるとかどうとか・・・。

ということで、アクセスは小山駅そばのコインパーキングにハスラーを停めて、両毛線で最寄りの富田駅まで行くという方法にしてみました。
両毛線は1時間に1本とお世辞にも本数が多いとはいえませんが、駐車場待ちを考えたらいい選択肢じゃないかなと思います(富田駅からあしかがフラワーパークへは徒歩15分ぐらいです)。


使ったコインパーキングは、小山駅西口にあるロブレ632の第2駐車場です。

次に時間帯ですが、今回は16時頃着で昼の明るい時間帯と夜のライトアップされている時間帯の両方を楽しむことにしてみました。
ツアー客が集中する昼間の時間帯も外せますし、一石二鳥ですね。

そんなわけで出発時間までは余裕がありますので、ネットで寄り道スポットを検索。
日光や霧降高原エリアは両毛線のダイヤとうまく組み合わせられるプランを組めなかったので、両毛線の栃木駅から蔵の街を散策してみることにしてみました。

DSC_0137.jpg

やってきたのは栃木駅。
現在の栃木県の県庁所在地は宇都宮市ですが、1883年までは栃木市に県庁があったそうですよ。
ちなみに渡良瀬遊水地も栃木市にあります。

DSC_0140_20170527002904977.jpg

駅前のオブジェがモンスターボールに見えてしまったw

IMGP5278.jpg

IMGP5306.jpg

IMGP5289.jpg

「蔵の街」と称するだけあって、蔵造りの建屋があちこちに存在します。

IMGP5323.jpg

樹が「舟に乗ろう!」と仰せられたので、御意とばかりに乗った我々であった。

IMGP5332.jpg

5月ということで、水路には鯉のぼりが泳いでいました。
蔵の街並みにマッチしていていいですね~。
この後新人の船頭さん(新人ながら華麗に舟を旋回させていました)と一緒に歌を歌いました。

ひとしきり蔵の街を満喫したところで、再び栃木駅から両毛線へ。
都心の満員電車宜しく、大混雑の両毛線内でした。
宇都宮に来てから車通勤になっていたので、久々に満員電車を味わいましたw

DSC_0142.jpg

というわけでやってきましたあしかがフラワーパーク!
16時を過ぎているというのに凄い賑わいです。
入場ゲートをくぐると、いきなり藤の強い香りが漂ってきました。
藤ってこんなに香るものだったのか。。。

IMGP5375.jpg

IMGP5407.jpg

IMGP5395.jpg

昼の部・・・素晴らしい!
これは国内外から沢山の人が訪れるのも分かる、圧巻のスケールです。
特にメインの大藤棚ではそこらじゅうから歓声が上がってきていました。
大藤以外にも普通の藤も白藤も綺麗で、ネモフィラ等の花々も植えられていて、じっくり観ているとあっという間に時間が過ぎていきます。
これだけの花を丁寧に管理するのはさぞ大変なんだろうなぁ。

IMGP5448.jpg

IMGP5471.jpg

IMGP5492.jpg

そして夜の部・・・すばらしい!(二度目)
同じ藤でも、ライトアップのおかげで夜はシャンデリアのように輝いていました。
大藤は圧巻の一言ですが、個人的には白藤棚の白と緑のコントラストが貴婦人のように(?)上品で良かったですね。
いやー、これは見に来れてよかった!

DSC_0149.jpg

藤鑑賞と写真撮影に夢中になっていたら気づけば20時になっていたので、ぼちぼち撤退することに。
21時少し前の両毛線に乗って、小山駅に着いたのは22時少し前。
晩御飯を食べていなかったので、改札出てすぐのところにあったラーメン屋さんに入ってラーメンをすすることにしました。

あとはひたすら圏央道を走って(GW中3回目の走行となりましたw)実家へ。
日付が変わってしまいましたが、どうにか無事に帰宅することができました。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する