07_GWツーリング2日目

6時頃にセットしたアラームで起床。
いそいそと準備をして、R321を南下していきます。
2年前に来た時と同じローソンで朝食を取って、更に南下。

IMGP4906.jpg

久々に来た柏島の海の色は、相変わらず心に自然と焼き付く蒼色でした。
この日は橋の上から何本も釣り糸がたれていましたので、しばし海を眺めながらのんびりと写真を撮っていました。

IMGP4908_20170510215432b8d.jpg

IMGP4841-4.jpg

インターバル撮影していたら、シャッターショックでピントリングが少しずつ回ってしまい、ピンボケ写真を量産してしまいました。
今度からパーマセル貼るようにするか・・・。

IMGP4940.jpg

続いて向かったのは、柏島のすぐ北側にある外泊(そとどまり)。
集落が「石垣の里」として「美しい日本の歴史的風土100選」等に選ばれています。

IMGP4932_20170510214333032.jpg

石垣で作られた坂や階段が、家々を縫うように張り巡らされています。
この石垣は、台風や冬の強い季節風に耐えられるように作られたのだそうです。
これ程の石垣を見ていると、なんだか小さな城跡にいる気分になってきます。

IMGP4938.jpg

ちょっと階段を登って振り返ると、小さな漁港が目に入ってきました。

IMGP4933_20170510214334190.jpg

IMGP4927.jpg

IMGP4935.jpg

風に揺られる洗濯物。
視界に一瞬入った野良猫の姿。
どこからか聞こえてくる子供の声。
観光客がポツポツといる程度の、のどかな空気が流れる集落です。

DSC_0090.jpg

地元のおばあさんと立ち話をしましたが、最近は今風の家(屋根瓦は調和を取るように、似た雰囲気のものを使用)も建ち始めているそうです。
「最近になってハイカラな休憩所(上の方のW8が停まっている写真)ができたのよ。それとそこにきれいな家があるでしょ? せっかく足を運んでくれる方のために昔ながらの町並みは残していきたいけど、住みやすさも大切だからねぇ。これが今のあり方なんだろうねぇ」としみじみと語られた姿が印象的でした。

IMGP4945.jpg

外泊を後にして走り出しましたが、小さな波止場の海の色すらキレイなので、ついつい足を止めてしまいます。

IMGP4950_201705102144378a5.jpg

彩度いじらずにこの海の色ですからねぇ。
ホントこのエリアの海の綺麗さは素晴らしいです。

IMGP4960.jpg

外泊でのんびりしすぎてしまったので、カルストをすっ飛ばして次の目的地へ。
久喜沈下橋へやってきました。
最初はこの高台から自撮り写真を撮ろうと思っていましたが、なんだかしっくりこない。

DSC_0094.jpg

ということで方針転換。
大きな岩が転がっている川沿いにヒィヒィ言いながら降りて、三脚を立てて。

IMGP5030-2.jpg

横から撮ってみました。
ちなみにこの沈下橋は高知県に現存する沈下橋の中でも最も古いものだそうですよ。

そんな折、狙っていた岐阜の桜が満開になったとの報が入ってきました。
この日はカルストでキャンプをしようと思っていたのですが、翌日に一気に岐阜へ移動するための体力を蓄えるべく宿泊することに。
宿は以前も使ったことのある、道後温泉のホテル泰平にしました。
GWの中休みの平日ということで、すんなり予約を取れて安心しました。
学生の団体客が泊まっていたので温泉はやや賑やかでしたが、良い風呂に浸かれました。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する