17_伊豆一周&側車ツーリング

土曜日は伊豆へ

土曜日は1人で伊豆を一周していました。
紅葉シーズンも終りを迎えたことと、久々に潮風を浴びたくなったので。

IMGP1405_201612062328416f9.jpg

のんびりと出発して、まずは西湘BP→R135と西進。
ここしばらく紅葉を追い求めていたこともあって、久々に見る海が新鮮でした。
やっぱ海はいいな~。
いつもは停まらないR135の駐車帯に初めて停まって、海を見ながら一息つきました。

IMGP1426-2.jpg

2週間ほど前からチェックしていた湯河原の紅葉が良さそうだったので、今年の紅葉シーズンの締めくくりに訪問。
周囲の建物や外壁の雰囲気とあいまって、実に良い雰囲気が漂っていました。
いつもは椿ラインの方に走って行っちゃっていたけど、脇道にそれた先にこんな場所があったとはなぁ。
こういう発見をできるようになったのも、写真を趣味として本格的に楽しむようになったからでしょう。

IMGP1431.jpg

椿ラインを登って箱根を降りて、コンビニで休憩している時に「そういえば」と思って寄り道した修善寺のココ。
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のロケ地として人気沸騰中の温泉宿です。

IMGP1430.jpg

日帰り入浴をやっているようですね。
これなら気軽にドラマの世界の雰囲気を味わえるのではないでしょうか。

【公式サイト】伊豆修善寺温泉の露天風呂が人気の旅館 宙 SORA(そら)渡月荘金龍



IMGP1442_201612062328478df.jpg

修善寺からは西伊豆スカイライン経由でぐるりと伊豆を一周。
結果的にはほとんど走りっぱなしになっちゃいましたが、久々にワインディングを気持ちよく流せて楽しかったです。
しかし久々に伊豆をフルに一周しましたが、やっぱり伊豆は大きいですね~。
流石に疲れましたw

日曜は側車と

以前から当ブログに何度も登場している「少佐」ですが、ついに憧れていたサイドカーを手にしました。

IMGP9881.jpg

キエフオートバイ工廠社製「ドニエプル」(旧ソ連製)です。
日本だとこの手のサイドカーはIMZ社のウラルが有名ですが、その従兄弟みたいなサイドカーとのことです。

DSC_1404.jpg

このサイドカーを彼が入手したのは9月の下旬。
その時に僕も徐行レベルで乗らせてもらいましたが、サイドカーって思っている以上に操縦が難しいですね。
現代のサイドカーがどうかは分かりませんが、少なくともこのサイドカーに限って言えば、発進はトルクがあって楽ですが、曲がる時はハンドルを思いっきりこじって曲げるので体力を使いますし、油断すると曲がらないときたもんです。
でも楽しいんだこれが~♪

IMGP1480.jpg

それから2ヶ月経過。
ある程度整備も進んだようなので、久しぶりに2人でプチツーリングへ行くことにしました。

僕が後ろに着いて走りましたが、サイドカーの走り方って独特ですね。
例えばカーブなんかはバイクのように車体をバンクできないので、身体を傾けてバランスをとりながらカーブを曲がっていきます。
先述のように旋回する時はハンドルをこじるように曲がっていくので、凄い体力を使うそうです(by少佐)。
あとブレーキをかける時も気をつけないとバランスを崩して車体ごと前転することもあるそうですね。
これはYoutubeに色々と動画がアップされていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

そういうわけなので「おー慣れない車体なのに結構いいペースで走るねぇ」と感心しながら流していました。
・・・が、下りの右カーブで荷重移動をミスしたのか、内側(舟側)のタイヤが浮きましたΣ(゚Д゚)
すぐに体制を立て直して何事もなかったように走っていましたが、その光景に思わず爆笑。
その後しばらくは、彼がカーブを曲がる度に笑いがこみ上げてきてたまりませんでしたw

IMGP1521_20161206235528f0f.jpg

IMGP1503.jpg

でもサイドカーを運転した距離数は然程ないのに、ワインディングを他の車やバイクに合わせて走る彼の運転スキルには唸らされました。
やっぱ彼は凄い。

IMGP1539_20161206235532398.jpg

帰り道は偶然(?)、高校時代に一緒に自転車で遠出した時に走った道を走りました。
あの時と同じく、少佐が先を走り、僕が後ろについての隊列。
あの時は自転車で、この日操るのはお互いが当時から憧れていた「W」と「サイドカー」。
あれから10年が経ちましたが、こうしてお互いが憧れていた車体で一緒に走れたのはなんとも感慨深いものでした。
彼も同じことを思ったようで、最後の休憩ポイントで同じことが話題に上がりました。

IMGP1544_20161206235546b23.jpg

夜は僕が宇都宮に戻るので、最寄りの乗換駅まで送ってもらいました。
サイドカーは舟に乗っているだけでも楽しいんですよ~。
ドニエプルの場合はOHV空冷ボクサーエンジンの排気音が心地良いですし、曲がる時も一緒に身体を傾けて旋回させていくのが面白いです。
タンデムシートに座っているのとは違った面白さがあって、「バイクを運転するのが好き」な僕もこれなら舟側に乗って走りに行くのもいいなぁと感じました。
隣同士で会話しながら走れるのもいいですね(とか言いつつ、今度は一緒に走る時用にインカムでも買おうかなと思いました)。

そんなわけで楽しい週末のひとときを過ごしましたが、最後に珍しくネタ写真をば・・・。

IMGP1534.jpg

富士山に向かって突撃!
※右カーブで急旋回するために乗り手がフルバンクしている様子(嘘

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/12/08 (Thu) 08:24
    あぶあぶ #PKX9S3rA - URL
    No title

    これの維持メンテは大変ですよね。
    でも、楽しそう。

    最後の写真はなかなかd(≧∀≦)b

  • 2016/12/11 (Sun) 23:00
    秋風 #dS2ULFy6 - URL
    No title

    本人曰く、オイルの減りと漏れが凄いそうです。
    まぁ彼は自動車整備士免許持っているので、この手の整備は慣れたものです(^^;

    最後の写真もそうですが、28歳になっても再会すればやってることはそれほど変わりませんねw

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する