12_四国・山陽ツーリング③

初めての周防大島へ

のんびりと起床し、オリンピック中継を観ながらホテルで朝食をもぐもぐ。
普段は弾丸のように深夜発で出撃していますが、こうしてのんびりと朝を過ごしてから出撃するツーリングも良いものです。

さて、この日は松山から周防大島へ渡り、広島を経由して倉敷を目指すルートです。
周防大島へは防予フェリーで渡ります。
このフェリー、後でダイヤを見たら24時間動いているようですね。
なんだか国道九四フェリーを彷彿させるかのようです。

防予フェリーは基本的に柳井と松山を往復していますが、1日のうち数回周防大島の東端の伊保田に寄港する便があるようです。
今回は時間の都合上、伊保田港から周防大島に上陸することにしました。

防予フェリー 山口県(柳井)~愛媛県(松山)を結ぶフェリー


IMGP9590.jpg

松山港に到着したのは08:50。
バイクはどこに停めておけば良いのか分からなかったので、ひとまず乗船口に近いところに停めておきました。
伊保田港で下船する車両は完全予約制とのことですが、バイクは予約なしでも乗れました。
一緒に乗るバイクは2台で、内1台が僕と同じ伊保田で下船するようです。

IMGP9591.jpg

乗船券購入後は30分程時間があったので、ルートを確認したり、待合室でオリンピック中継を観たりしながら過ごしました。

IMGP9605a.jpg

バイクは最初に乗船。
ロープで固定されるかと思いきや、楔をかませるだけでした。
穏やかな瀬戸内だからこそできる固定方法ですね。

IMGP9599.jpg

IMGP9608.jpg

さらば四国!
潮風を浴びつつ瀬戸内の島影を眺めながらのまったりクルージングです。
・・・とか言って、ホントは船内でまったりしていたかったのですが、すぐに満席になってしまったので行き場所がなくなっただけです。
暑いので日陰に入ってスポーツドリンク飲みながらまたーり過ごしました。

出会うは長閑な集落と青き海

僕を含めたバイク2台と車数台だけが降り立ったのは小さな港、伊保田港。
大きな長距離フェリーでは味わえない「空気」を感じながら下船しました。

ここから周防大島を横断していきます。
周防大島は北側に国道が走り、南側に県道が走り、島を横断する形で広域農道(大島オレンジロード)が走っています。
走りを求めるライダー的には真ん中の広域農道が良いらしいのですが、こちらは素敵な風景を求めるカメライダー。
あえて地域密着型の県道を行くことにしました。

IMGP9609.jpg

港を出てすぐに細い道が続く県道ですが、早速綺麗な海と小さな集落が視界に入ってきました。
坂を下った先に海と集落が見えてきたので、脳内で最初に流れたBGMは魔女の宅急便の「海の見える街」でしたw

IMGP9610.jpg

IMGP9616.jpg

小さな漁港を抜けたり、北側の国道に移動して細い道に迷い込んでみたり。
その行く先々で、のどかで綺麗な海や島影を目にできます。
そういう風景を狙ってこの島にフェリーで渡ったのですが、これほど素敵だとは・・・。
しかも潮風を浴びながらのんびりと海沿いの道を流すのが最高に気持ちいいのなんのって。
こういうところは大人数ではなく、1人でふらっとやって来たいものですね。

IMGP9621.jpg

とどめがこの浜辺。
なんと素晴らしい青い海よ・・・もうこれだけで今日1日のツーリングは成功と言っても過言ではありません。
しかもこんな綺麗な海が国道から見えるのだからビックリしました。

写真も撮らずに一気に東へ

ほくほく顔で周防大島を後にし、ここからは国道を乗り継いで一気に東へ向かいます。
当初は呉の海軍ミュージアムに立ち寄ろうかと思ったのですが、時間が押していたのとあまりの暑さに耐えかねて今回は無しに。
また来ればいいですからね。

しかし岩国~宮島と広島市内の渋滞は流石に堪えました・・・。
停まったら周囲の車やアスファルトからの熱気、走れば全身にドライヤーを受けているかのような熱風ですからね。
こりゃキツイわ~(;´Д`)

DSC_1260.jpg

R2をひたすら東進していると、どこかで見覚えのある道路風景が。
コンビニで休憩しながら地図を確認すると、4月に広島旅行した時、初日に尾道を目指して空港から路線バスで移動している時に通った道でしたw
あの時は1本でも早い電車に乗りたいがために、バスの中でソワソワしてたなぁ。
長いことあちこちツーリングや旅行をしてきましたが、こうした過去の旅の軌跡が交錯する瞬間が増えてくるのも面白いですね。

倉敷の夜はトレーナーの巣窟

暑さでほうほうの体で辿り着いた倉敷。
予約していたビジネスホテルへと向かいました。

・・・で、これまでのようにホテルのページを紹介しようと思ってGoogle検索をかけたら、

無題ドキュメント

まさかの閉館!
って、僕が泊まった1週間後に閉館ですか!
閉館の告知は直前にオフィシャルブログでされたようで、予約した時も泊まった時もそんなことは知らなかったのですが、そんなものなのですかね?
なんにせよ、1泊しかしていないですが、バイクの停める場所を丁寧に対応して頂いて「また倉敷に行ったら使わせてもらおうかな~」と思っていただけにショックでした。。。

IMGP9629-2.jpg

その日は1週間後にこのホテルが閉館することをつゆ知らず、近くの美観地区へW8の写真を撮りに夜中に出撃していました。
しかし美観地区が最近サービスの始まった「ポケモンGO」のポケスポット(プレイヤーが集まりやすい場所)になっているようで、23時を過ぎているというのにかなりの人がたむろしたり徘徊していました。

とはいえ、こちらは寂しい一人旅をしている旅行者。
「ここは観光地じゃー! 写真撮っててもいいじゃないかー!(※)」とやけくそで1時間弱三脚を立ててじーーーーっとポケモンGOプレイヤーがいなくなる瞬間を待って撮ったのがこの1枚です。
あまりに人が多すぎて&動かなすぎて、まともに撮れたのは数枚だけでした。。。
(※)三脚禁止な場所とか撮影禁止の場所とかはそもそもダメですよ!

しかしですねぇ・・・夜とはいえ、有名観光地でかなりの人が座り込んだり歩きまわったりしながら、一様にスマホやタブレットを覗きこんでポケモンGOを黙々と遊んでいる姿は、正直なところ異様な光景で、気持ち悪さや不気味さを感じました。
いくらポケモンの影響力が大きいとはいえ、このまでは流石に非プレイヤーとの軋轢は増す一方なんじゃないかなぁ。
実際、規制や自粛を求める声も出てきていますし。

かといって、何でも規制していたら新しい楽しみ方や価値は生まれてこないわけで。
一部の地域ではポケモンGOを活かして観光スポットの別の魅力を引き出そうとしている取り組みもされていますしね。

とっとりGO-鳥取県ポケモンGOポータルサイト-/とりネット/鳥取県公式サイト

だから、ただ闇雲に規制したり緩和したり誘致したりするんじゃなくて、その場所の魅力を引き立たせる方向で考えていった方がいいんじゃないかな。
「場の空気を読む」ってこういうことなんじゃないかなと。
そんなことを思った倉敷の夜でした。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する