12_四国・山陽ツーリング②

四国の原風景へ

ホテルを4時半に出発し、まずは近所のコンビニとガソリンスタンドで人間とバイクの燃料補給。
R56をひた走り、四万十町でR381に乗り換え内陸へ。
少し霧が出ていましたが、日が昇って気温が上がれば消えるだろうと思い、そのまま走り続けました。

IMGP9619-9.jpg

四国を流れる四万十川といえば、沈下橋が有名です。
あちこちに架かっている沈下橋の中でも有名なのが岩間沈下橋で、S字に曲がる四万十川と山並みとが相まって素晴らしい景観を作り出しています。
今回のツーリングの目的の1つは、この沈下橋で自撮りをするということでした。

『レトロなW800と共に、日本の原風景を旅する』というイメージを持って構図を設定。
四万十川を意識しすぎて引いた構図にしてしまうとバイクが写っているのが分かりづらいと思い、少し寄せた構図にしてみました。

あと「いくら有名な沈下橋とはいえ朝方ならば来訪者が少ないはず」・・・というところまでは事前に予想してスケジュールを組んでいましたが、山々が四万十川の水面に映り込む壮大な水面反射は思いついていませんでした。
晴天+陽が差し込む前の時間だったのが良かったようです(少しして陽が差し込んできてしまったら、水面反射は弱くなってしまいました)。
夏らしさ全開で眼福じゃ~♪

カルスト、そして清流へ

IMGP9543-2.jpg

続いて向かったのは四国カルストですが・・・寒い!
夫婦坂のハーフメッシュジャケットを着ていることもあり、中々の冷えっぷりでした。
しかも雲が多くて青空は期待できそうになく、ここでは姫鶴荘でトイレ休憩だけ済ませて撤退することにしました。

DSC_1249.jpg

カルストに向かう途中で走行距離が70,000kmに到達しました。
STで走った距離を上回ってしまったなぁ・・・我ながら、よくもまぁこれだけ走りまくったものです。
これから色々と大物の部品交換が発生してきそうですが、W800は生産終了になってしまうので大切に乗り続けていきたいですね。

IMGP9566-2-2.jpg

IMGP9554-2-2.jpg

カルストを後にして向かったのは、仁淀川にある安居渓谷です。
仁淀川は「日本一美しい川」と言われるほど澄んだ水が流れている川です。
その川が流れるだけあって、この渓谷の清らかさは半端ないです。

IMGP9561-2.jpg

なにせ、目の前を川魚が泳いでいる姿を見れるくらいです。
ここで水遊びしたらさぞかし気持ちいいでしょうな~。

そんな感じで写真を撮りながらのんびりしていると、遠くで雷鳴が。
スマホで雨雲レーダーを見てみると、山を挟んだ反対側で激しい雨が降っているようです。
雨雲がこちらに飛び火するとよろしくないので、そそくさと撤退することにしました。

とはいえ、この時点で今宵の宿(松山市内)に向かうのは早すぎます。
そこで進路を変更し、下灘駅に寄り道することにしました。
おそらく距離的に夕日の時間帯に到着できるはずです。

IMGP9578-2-2.jpg

IMGP9586-2-2.jpg

下灘駅は人でごった返していましたが、無事に夕日を見ることが出来ました。
そういえば下灘駅は何度か訪れていますが、こうして夕方に訪れるのは初めてです。
凪いでいる瀬戸内に沈む夕日が綺麗でした。

それにしてもここの駅は旅情に浸りたくなってしまって仕方がありません。
木造の駅舎、簡素なベンチ、時折やってくる単線ディーゼル列車、瀬戸内に浮かぶ島々、そういう要素が組み合わさって「旅をしている感」を覚えてしまいます。
地元神奈川の鎌倉高校前駅も海に近い駅で、下灘駅と同じように海との間には国道が走っていますが、旅情を感じられるかといえばちょっと違う気がします。
どちらかというと青春を感じられるというか・・・それもこれも、某合唱系青春モノのアニメの影響が大きいのですが(ぁ

あと、この写真を撮っている周囲にはたくさんの人がカメラやスマホで写真を撮るべくうごめいているので、ぶっちゃけ旅情に浸っている余裕はそれほどありません★

日が沈んでもなお賑わっている下灘駅を後にし、本日の宿へ向かいました。

この宿の風呂は温泉だと!?

【公式】愛媛 松山 ホテル泰平|奥道後温泉露天大浴場完備


20時前に無事に宿へ到着。
この宿、4,000円台の極普通のホテルと思いきや、お風呂に奥道後温泉からの引湯を利用しているとのことです。
流石道後温泉に近い場所にあるホテルなだけありますな~。
僕はあまり温泉に造詣はないのですが、お風呂が「温泉」というだけで心が少し楽しくなるのは、日本人のDNAが身体を流れているからなのかもしれません。
あ、当の温泉は熱すぎない湯加減で気持ちよかったです。

部屋に戻って翌日のプランを確認しているうちに眠くなってきたので、0時前に布団に潜り込みました。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する