5_京都・奈良花見ツーリング③

 ←1日目後半へ

早朝から出撃

2時にむくりと起床。
今日は昨日行けなかった奈良公園内にある浮見堂という所の桜写真を撮るところから始めます。
じんわり身体に残る疲労感を感じつつ、そそくさと準備を整えて3時過ぎに出発。
大津からはr36→r69→R24というルートで奈良公園を目指しました。

浮見堂の夜明け

流石に深夜なだけあって交通量はほとんどありませんでした。
浮見堂の傍には通行できる道路が通っていますが、駐禁エリアなのでW8は少し離れた所の「ならまちセンター駐車場」に停めました。

DSC_0972.jpg

駐輪場内の様子はこんな感じ。
20台停められて24時間営業、1時間100円のチェーンロック式の駐輪場です。
 ※チェーンがかかっていないのは、この写真を撮ったのが出庫時だったからです

DSC_0970.jpg

駐輪場から浮見堂までは徒歩で10分程。
どうにか日の出る前に到着しました。
そこそこカメラマンがスタンバっているかなと思っていましたが、蓋を開けたら誰一人いませんでした。
吉野とかあっちの方に出向いてるのかな?

IMGP7393-Edit-2-2.jpg

早朝で風が穏やかなので、水面に映り込む浮見堂と桜を撮ってみました。
ここを知ったのはTwitterに流れてきたリツイートでした。
少し前までは浮見堂のある池の水が中途半端に張られていた状態で、写真右側の橋脚部分が水に浸かっていませんでした。
今朝来てみるとしっかり水が張られていたので、タイミング良かったですv(´∀`)v
しばらく写真を撮っていると太陽も結構登ってきたので、次の目的地もあるのでそこそこに撤収。

DSC_0971.jpg

駐輪場への帰り道では、鹿たちがあちこちで朝食タイムをしていました。
この様子を見ると「奈良公園に来たんだなぁ」と実感します。

桜の名所をはしご

奈良公園近くのすき家で僕も朝食休憩を取り、続いて又兵衛桜へと向かいます。
ルートはR169→R165→R166。

IMGP7425.jpg

又兵衛桜ではバイクは歩道に駐輪するように誘導されました。
車は有料駐車場に案内されていましたが、結構混んでいる様子。

IMGP7404.jpg

W8を停めて、まずは桜に近づいていきます。
有名スポットだけあって見物客は多いですね~。
それに比例して三脚をセットしてじっくりとシャッタータイミングを狙っている人も多く見受けられました。

IMGP7419-3.jpg

樹齢300年とも言われているシダレザクラが実に綺麗です。
石垣の上に植わっていますが、この石垣の部分はかつてこの地で暮らした戦国武将のお屋敷跡だそうです。
ボリューム感たっぷりの桜で見ていて飽きないですね~。
これは多くの人が訪れるのも分かります。

R166→r218→R369と進んで三重県に入り、続いて三多気の桜に向かいました。
三多気の桜は水田に映り込む桜が綺麗なスポットで、こちらもこの辺りでは定番とも言える有名どころです。

DSC_0980.jpg

三多気の桜への道は上り下りのそれぞれ一方通行になっていました。
案の定車は駐車場待ちをしていましたが、バイクは待たされること無く駐車場の一角へと誘導されました。
サイドスタンドが沈み込まないように板も用意されていて、ありがたい限りです。
ちなみに後日気づいたのですが、Twitterでフォローさせて頂いているsuさんも同じ時間帯に来ておられたようで、この写真の左から3台目のセローがsuさんのセローでした。
どこかで見たことのあるセローだなと思ってスルーしてしまいましたが、まさかご本人のとは思いませんでした(^^;

IMGP7437.jpg

坂道を登って撮影ポイントへ向かいました。
あいにくの曇り空に加えて日が昇ってしまっているので、水面反射はほどほどでした。
あと桜の後が撮影ポイントへの通路となっているので、人を入れたくなければ昼間はじっくり待つ必要があります。
やっぱりこういうところは早朝に行くに限りますね。

IMGP7478-2.jpg

山が写り込んでいる部分は水面に映る桜の姿もくっきりしているので、その部分を集中的に狙ってみました。

IMGP7491-Edit.jpg

DA★60-250を手持ちで撮っています。
三脚はW8のサイドバッグに忘れてきました(ぉぃ
結構な坂道だったので、歩いて取りに戻るのはメンドk(ry

IMGP7446-Edit.jpg

TVクルーも収録に来ていて、インタビュー受けている人もいました。
やっぱり人気スポットですね~。
三多気も又兵衛桜も以前からずっと行きたいと思っていた場所なので、こうして訪れることができて嬉しいです。

山中で偶然の再開

もう1箇所寄りたいところがありましたが、この時点で十分満足したのと疲れもありますので帰路につきました。
三多気を後にし、名松線と平行して走るr15を松坂方面へ向けて北上していきます。
名松線といえば2009年の台風で被災して以来9年ぶりに運転を再開したものの、その後の鉄道としてのスタンスをどうしていくかというニュースが先日流れたばかりの電車です。

比津駅付近を走っていると、橋脚のところで1人カメラを構えて待っている人がいました。
「こんなところでカメラを構えているということは、これは電車が来るのかな?」と思い、近くの比津駅で路肩に停車。
時刻表を見ると案の定数分後にやってくるようなので、上がってきた気温に合わせて衣服調整をしつつ、名松線を眺めていました。

するとスマートフォンに通知が。
以前神奈川に住んでいて大阪に引っ越したK君からで、「もしかしたらニアミスしたかもしれませんね」との内容。
「今は比津駅にいるよ」と返信すると、「隣駅の伊勢八知駅近くの食堂で昼食しています」との返信が。
まさかこんな三重の山中ですぐ近くにいるとは・・・丁度昼食をどこで食べようか思案していたところだったので、その食堂へ移動して一緒にお昼を取ることにしました。

DSC_0984.jpg

ということでK君と合流。
K君は朝に吉野へ行って、これから三多気に向かうとのことです。
何も連絡をしていなかったので、お互いビックリですw
彼も写真をやっているので、近況報告から撮影談義まで盛り上がりました。
タブレットでウイスキーや時計の物撮り写真を見せてもらいましたが、中々面白そうで興味津々。
いや、マクロレンズもストボロも持っていないのですがw

K君と別れた後は広域農道(グリーンロード)を経由して亀山ICから東名阪道へと入りました。
いつもの御在所SAでおみやげの生八ツ橋をを購入しつつ、伊勢湾岸→新東名へと進んでいきます。

DSC_0985.jpg

往路では通過した岡崎SAで休憩。
1階は食べ物やおみやげを扱うお店があるので混雑してたので、2階に上がって椅子に座って仮眠をとりました。
1階の賑わいっぷりがウソのように人がいなかった(屋外では子供が遊びまわっていましたが)ので、じっくりと仮眠をとることができて良かったです。
時期や時間帯にもよると思いますが。

その後はこれといった渋滞もなくスムーズに走行でき、家には20時に到着しました。
2日間とも深夜から活動したり長距離を走ったりとハードスケジュールでしたが、帰宅後は意外と疲れが残っていませんでした。
いつもより休憩の質を考慮したのが良かったのかな?(仮眠をとったり軽く体を動かしたり)

今回のツーリングは綺麗な風景はさることながら、人との出会いが多く色々な思い出を作ることができました。
美山でお会いしたノブさんとKenさんは5月に埼玉で行われるゆっくりブートキャンプに参加されるとのことですので、僕も参加を検討しようかなと思いました。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する