伊勢原の彼岸花を観に。

ツーリングバーの具合をチェックしがてら、伊勢原の日向地区に咲く彼岸花を観に行ってみました。
彼岸花というと埼玉県は日高市にある巾着田が有名ですが、ここ日向地区もそこそこ有名のようです。

IMGP6098_2015092721453466c.jpg

彼岸花は全体的には盛りを過ぎていました。
シルバーウィーク辺りが見頃だったようですね。

IMGP6103.jpg

規模で言うなら巾着田の方が圧倒的ですが、こちらは山間の田園風景と合わせて楽しむことができます。

IMGP6160.jpg

僕は花単体で撮ることは少ないですが、たまには。
彼岸花の花言葉には「想うはあなた一人」というのがあるそうです。
見た目とのギャップがあっていいですね~。

IMGP6106.jpg

小さな社を見守るように咲く姿。
こういう田舎な風景によく似合います。

IMGP6158.jpg

かと思えば、群生している姿は死後の世界に導くかのごとし。
なんともミステリアスな花ですな。

IMGP6125_20150927214519f0b.jpg

苔生す路。
黒と緑の組み合わせは最強です。

そんな感じで1時間少々過ごして撤退しました。
毎年9月頃はツーリングネタの引き出しが個人的に乏しかったのですが、彼岸花のある風景を楽しむのはありだなと感じました。
来年は盛りの時に観に行こっと。



ちなみにツーリングバー取り付け後の感想は以下のとおり。
○Uターンが楽になった。リーンアウトでぐいっと小回りさせるのが快感(何
○ポジション以外に気分もゆったりとし、田舎道をとことこ流すのが最高に気持ちいい。
○絞り角が緩くなったからか、手首が楽になった。
○正面から見たハンドルのシルエットが好みに。
-錘も防振ウェイトも入れていないが、振動は苦にならない(というか、エストレヤハンドルと変わらない)

・・・一般道オンリーで往復1時間程度の乗車ですが、今のところは交換したことによるデメリットを感じていません。
高速道路を走ったり山道をひたすら走ったり長距離を走ったりするとまた違った感想が出てくると思いますが、ひとまず街乗りレベルでは中々いい塩梅なハンドルです。
次のW8乗車が楽しみで仕方がありません。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する