19_金沢弾丸ツーリング

IMGP5733-3-2.jpg

この週末に予定していた友達とのキャンプがお流れとなり、月曜日の有給休暇も含めてポッカリと空いた3連休。
雨に濡れてしっとり雅な雰囲気を醸し出す、金沢はひがし茶屋街へ行ってきました。
この雰囲気を背景にW8の写真を撮りたかったので、今回行けてようやくスッキリしました。

ちなみに主計町にも行ってみましたが、店じまいしてしまったのかお店の照明が殆ど無く、いい感じで写真を撮れませんでした。
にし茶屋街と武家屋敷跡と合わせて次回の宿題。
でも路地裏に入ると建物の木の香りが漂っていていい雰囲気でした~。

IMGP5714-2.jpg

途中で寄り道した夜の高山もいい雰囲気でしたが、今回のメインはひがし茶屋街だったので15分程ウロウロしただけで立ち去りました。

今回のツーリングでの誤算は、思いの外気温が上がらず20度前後の中でほとんど走ったことですかね。
レインウェアを防寒具代わりにしていなければ風邪ひいていたでしょう。
あとひたすら雨の中を走っていたので、両手がふやけてぷよぷよになりましたw



今回の弾丸ツーリングにはいくつかクリアするポイントがありました。
その辺りは追記でつらつらと。

①バイクを置いて写真を撮れるのは早朝か夜
 →ひがし茶屋街は9時~19時の自動車・原付の進入が禁止されています。エンジン切って押していけば通れるでしょうが、一般の観光客からすれば邪魔だし迷惑だし、そもそも落ち着いて写真撮れませんし。

②濡れた石畳を撮るには雨が必要
 →普段は週末が近づく度に「晴れろー晴れろー」と念仏のように唱えていますが、今回ばかりは「雨降れー。程々に降れー」と雨乞してましたw あと雨が降っても現着時に石畳が乾いていたら意味が無いので、雨が降る時間帯もポイントでした。ちなみにカメラは防塵防滴、レンズは簡易防滴仕様なので、雨が降っている中での撮影は問題になりませんでした。

③できれば秋雨が終わるまでに行きたい
 →秋雨の時期が終わったら晴れる日が増えるので、制約②をクリアするチャンスが減ります。また、秋になると夜は当然冷え込むので、雨降ったor雨降る夜に写真を撮るのは体調管理の面でもシビアになってきそうです。てことで比較的気温の高めなこの時期に行きたいところ。

という3つのポイントがありました。
雨が降ってない時でもいいのですが、しっとりと鏡のようにガス灯の光を反射する光景は魅力的ですから避けられません。

s20150829.jpg

1日目ルート。

s20150830.jpg

2日目ルート。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する