注目はやっぱりKマウント

 ドイツで2年に1度催される世界最大の写真と映像の見本市「フォトキナ」が始まりました。例えて言うならカメラ版「モーターサイクルショー」といったところでしょうか。カメラ業界各社は、このイベントを狙って新製品を次々と発表しています。

 個人的に今のところの発表で気になっているのは、リコーが参考出展した3本の交換レンズです。使っている一眼レフがペンタックスのものなので、やっぱりここは外せません。

s1_da1685_photokina2014.jpg

 その中でも一番気になっているのがHD DA16-85mm ED DC WRという標準レンズ。16mmあれば大抵のツーリングでは間に合いますし、これに明るい単焦点(DA70mmとか)を組み合わせれば理想的だなと思います。
 あと、普段のツーリングで使っているDA18-135mmよりも低倍率なら、もちっとしゃきっと写ってくれるはず・・・という淡い期待を抱いています。個人的にはF4通しで作って欲しかったのですが、そうなると大きく重くなってしまうんだろうなぁ。
 今年の冬頃に発売予定だそうで、今から興味しんしんです(`・ω・´)

 他にもキャノンのEOS 7D MarkⅡのスペックがやばかったり、m3/4システムは軽量で気軽そうだなぁと思ったり、流れてくるニュースを眺めているだけでもお祭り気分で楽しいです。フォトキナは21日まで続くので、しばらくは目が離せなそうです。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する