東北ツーリング3日目

IMGP1703.jpg

 一夜明けた盛岡市内は晴れ。天気予報ではツーリング日和になるとのこと。浮かれ気分でテレビを見ながら準備を整えていると・・・

IMGP1705.jpg

 な、なんだこれー(;´Д`) NHKが東名と中央道の渋滞中継をしていたのだが、こんな暑い日に渋滞に巻き込まれたらたまらんな・・・さすが帰省シーズン。

IMGP1712.jpg

 気を取り直して早速八幡平方面へと走りだした。まず向かったのは岩手山の麓を走るパノラマライン。前方に八幡平の姿を捉えながら、まっすぐに伸びる道を快走する。

IMGP6693.jpg

 4年前は近くの岩手山焼走り国際交流村でキャンプをしたのだが、その時も同じ場所で写真を撮っている。

IMGP1718_20140818223419131.jpg

 パノラマラインをのんびり流していると、写真を撮るにはちょうど良さそうなスペースを発見。この空の広さがたまらなく綺麗。高い建物や山のある地域では味わえない良さがある。

IMGP1728_20140818223421806.jpg

 気分爽快でアスピーテラインに入ると・・・あれ、なんか曇ってきたな。

IMGP6698.jpg

 晴れてるとこんな感じで雄大な八幡平の自然の中を快走できるのだけど、この様子だと上の方は結構嫌な予感・・・(ていうか比較してみると結構路面の白線が消えてるのね)。

IMGP1730_20140818223422898.jpg

 レストハウスが近づくにつれ、霧の濃さも深まっていく。そして寒い。風はあまりないのだが、ハーフメッシュジャケットを冷たい風が吹き抜けていく。ここでレインウェアの上を着れば寒さはカバーできたのだが、ぶっちゃけ停まって着るのがめんどくさかったのでそのまま山を駆け下りていった。こういう時こそ足を止めて、柔軟に温度調整や状況判断をできるようなライダーになりたい。

IMGP1738.jpg

 八幡平を下ると今度はにわか雨に打たれたが、レインウェアを着る間もなくすぐに止んでしまった。天気予報で見たよりも不安定な空模様なのかもしれない。しっとりと濡れたジャケットを乾かしつつ、日差しを受けて白く輝く路面にタイヤの軌跡を残しつつ、秋田へ向けて南下を進める。

IMGP1739.jpg

 コンビニで休憩しながら愛車を眺める。毎日雨に打たれているので、3日目にして中々の汚れっぷり。とはいえ普段は綺麗にしておきたい車体も、旅の最中は汚れている姿がかっこよく見えてしまうから不思議。

IMGP1742_201408182329416ae.jpg

 アイスコーヒーをすすりつつマップルを眺めていると、どうやらここは角館という観光地らしい。桜と武家屋敷のある街並みが人気なのだとか。せっかくなので武家屋敷のある場所へと足を運んでみる。大きな駐車場が近くにあるけど、とりあえずバイクでも武家屋敷のある通りを走れるようだ。

IMGP1759_2014081823294424a.jpg

 桜の時期ではないが、木々の緑と黒い板壁のコントラストが美しい。ゆっくりと街並みを見ながら散策・・・というわけではないけど、バイクに乗りながらでも中々楽しめた。今度は桜の時期に行ってみたいな。

IMGP1763.jpg

IMGP1898_20140818233838561.jpg

 角館から由利本荘市へ向かい、所用を済ませつつ今宵のキャンプ場に向かった。
 今回キャンプをする場所は、庄内空港に隣接する庄内夕日の丘オートキャンプ場だ。このキャンプ場の特徴は、(便数は少ないが)空港を離発着する飛行機を間近に見ながらキャンプのできるところにある。また、5分走れば大きなイオンモールがあるので食料の調達も容易。オートキャンプサイトとバイク専用サイトは予約状況や料金表が別らしく、バイクは1泊400円と良心的なお値段だった。ゴミを捨てることもできて、中々利便性の高いキャンプ場だった。

IMGP1825_201408182345230d4.jpg

 飛行機が飛び立つ時間帯になるとキャンプ場のあちこちから人が集まってくる。

IMGP1845.jpg

 この空港には大きな空港にあるような誘導路がなく、滑走路の端でUターンできるようになっていた。こうすることで建設の際の工事費を安く抑えられるのだとか。
 あと、セイコーエプソンが社員の出張目的でここと松本空港との間で社員専用便を飛ばしているらしい。すげぇ。

IMGP1875_20140818234526304.jpg

 小さい空港に小さい飛行機。それでも飛行機が離発着する姿を見るワクワク感はしっかり楽しめる。いっけー!
 
IMGP1893_201408182345286ca.jpg

 飛行機が飛び去っていくと、集まっていたキャンパーたちはぞろぞろと自分のサイトへ戻っていく。時刻は夕時。キャンプ場のあちこちで次第に夕飯を作る姿が見えてきた。きれいな夕空を見ながら僕も自分のテントへと戻ることにしよう。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する