サイコン、ボトルケージ取り付け

 散歩を終えた午後、Amazonで購入した自転車用品を取り付けていました。

P2090477.jpg

 1つ目はCATEYEのCC-MC200Wというサイクルコンピューターです。数年前、クロスバイクに乗っていた時に使っていた物を紛失してしまっていたので新しく買いました。
 ぶっちゃけサイコンは無くても事足りるのですが、「どれぐらい走ったか」「ペースはどれぐらいだったか」等々を数値として認識できると面白いものです。また、積算距離を測れるので消耗品の交換スパンの目安にもなります。自転車を趣味として始めると、結構サイコンを購入する人は多いそうです。

P2090476.jpg

 もう1つ買った物は、ミノウラのボトルケージです。自転車界隈には所謂「サイクルボトル」という便利なボトルがあるそうですが、どうにも見た目が本格的なので手を出しづらいところ。今回選んだのはペットボトルサイズ(Φ70mm)のボトルを収められる物なので、たまに自転車を漕ぐ程度の僕にとっては気楽で丁度いいです。また、ごてごてしていないデザインなので、シンプルなクロモリバイクには似合っているかと思います。

 取り付け自体は15分程度で終了。この手の用品って使えば当然満足するのですが、買って取り付けた時も満足できるんですよね~。一粒で二度美味しいみたいな(何

 とはいえバイクに乗りたい欲求が迸っている今日この頃なので、ひとしきり自転車と戯れた後はW8に跨ってライディングした気分に浸りました。タンクからシートへとつながるラインの美しさといい、内ももに伝わるサイドカバーの冷たい感触といい、やっぱりW8は素敵です(*´Д`)

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する