北信ツーリング

眠い目こすりつつ5時頃に出発。
今日は現地での気温差が激しいので3シーズンジャケットを引っ張り出しました。

Image00002s_20110909152710.jpg
日が出てすぐの空が綺麗だったので、田園地帯に入って空を見上げる。
天気予報通りのいい天気になりそう。

Image00006s_20110909152710.jpg
相模湖ICから中央道を使って諏訪ICへ。
向かった先は定番のビーナスライン。
秋の空気が漂ってちょっと肌寒いくらいです。

Image00005s_20110909152928.jpg

空には秋の雲。
「秋の空は高く感じる」って言うけど、高層雲のせいで高く感じるんでしょうね。

Image00007s_20110909162529.jpg
来月催されるフォトコン(※)に向けて、今日はSTの撮影に力を入れました。
とても入賞できるようなレベルじゃないけど、目標があれば努力するにも身が入るってなもんで。
※ニコニコ動画内のコミュニティ、「ニコニコツーリング」で催される。テーマは「バイクのある風景」。

Image00008s_20110909152927.jpg
松本を経由して向かった先は鷹狩山。
この展望台からの眺めが凄いという話を聞いてやってきました。

Image00009s_20110909152927.jpg
うひょー、こいつは凄い!
写真じゃ全てを写し込めないけど、目の前には北アルプスの大展望が広がっています。
こうして高台から見ると、信州って土地は山だらけの場所ということがよくわかりますね。
昔の人達はこの山々を自らの足で越えていったのだから凄い。

昼食は長野市の山どりというお店で食べようと思ったのだけれど、L.O.の時間に間に合わなかったので仕方なく牛丼屋。
山どりは鶏のから揚げ定食が美味しいと聞いていたんだけどなぁ・・・残念。

Image00015s_20110909164525.jpg
長野市から県道112号線で毛無峠へ。
毛無峠直前にまで来ると、荒涼とした景色が見え始めてきました。

Image00012s_20110909153009.jpg

Image00010s_20110909152927.jpg
群馬県境にある毛無峠。
荒涼とした景色が広がり、風が強いためか樹木の類が見かけられません。
「峠」と言うとどこか暗さや狭さを連想するけど、この峠から連想できた単語は「壮大さ」でした。

Image00011s_20110909152926.jpg
時間があれば破風岳(往復約1.5時間)にも登りたかったけど断念。
空もガスってきたことだし、ぼちぼち下山することに。

Image00016s_20110909153008.jpg
この後の夜間走行で湯冷めするかもしれないので、湯畑すぐそばの足湯でまったり。
気軽に入れるうえに、リラックスした気持ちになれるから足湯は好きです。

草津を後にして後は一気に帰るだけ。
高速代を節約したかったので、草津から韮崎までひたすら南下。
軽井沢や野辺山といった高原地帯を通過するので、気温15度ぐらいが続いてめちゃくちゃ寒かった・・・。
この時期は気温調整用にパーカーなりを一着持ち歩く必要がありますね。
そのおかげ(?)で、山梨に入って食べたコッテリ系醤油ラーメンの暖かさが身に染みました。

へろへろになって帰宅したのは1時頃。
走行距離は660kmでした。
現地までの往復で疲れたって感じです。
これくらいの距離を日帰りで250ccシングルで走るってのはしんどいものが・・・。
もちっと行程を短くすればいいだけの話なんですけど(^^;
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する