夏の信州ツーリング

Image00001s_s.jpg
一緒に行ったムツキ with CD50。
レッグシールドやサイドバッグなど、少しずつ原付ツアラー化しつつあります。
普通自動二輪免許を取得するとか言っているので、今後が楽しみです。

Image00004s_s.jpg Image00005s_s.jpg
初日は八方尾根一本で勝負。
2月のスキー旅行以来久しぶりのリフトを3本乗り継ぎ、そこから歩くこと1時間。

Image00006s_s.jpg
八方池と白馬山地の絶景がそこにはありました。
ウッヒョー、こいつはやばすぎですよ!

Image00007s_s.jpg
ズドーンと縦長写真。

Image00008s_s_20110814013221.jpg
2日目はまずは野麦峠へ。
野麦峠といえば、「女工哀史」や「あゝ野麦峠」で有名な峠です。
以前から気になっていた場所なので今回足を運びました。
蝉しぐれが響き渡る中、野麦峠や女工についての説明看板を読みながら暫し立ち尽くしてしまいました。

Image00010s_s.jpg
ワインディングを駆け抜け、御獄岳を眺めながら温泉でまったり。
ちょっとぬるめのお湯が暑い時期には丁度良く、湯上り後は高地の爽やかな風にあたってさわやかな気分になれました。
次は紅葉見つつ温泉浸かりたいなぁ。

Image00012s_s.jpg

Image00013s_s.jpg Image00016s_s.jpg
そして最後に向かったのは、中山道43番目の宿場町、南木曽といえばココ!という馬籠宿。
「坂のある宿場」と言われるだけあって、1kmほどの坂道の両端に様々なお店や宿が軒を連ねていました。
昔はここを侍や商人や庶民が着物を着て歩いていたと思うとロマンを感じざるを得ません。

帰りは浜松まで南下し、そこからR1で他のクルマやバイクと追いかけっこしながら沼津まで2時間。
道の駅のベンチで仮眠しつつ、3時頃に帰宅しました。

ちなみにテントを張る予定だった高ボッチ山荘は数年前に火事があったそうで、キャンプ場すらなくなってました。
せっかく満天の星空と流星群を見ながらしんみり飲もうと思ってたのに・・・。
地図と情報は最新のものを常に仕入れておく必要があると実感しました(- -;)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する