東北ツーリング#2

プルルル、プルルル。頭の方で電話の鳴る音が聞こえる。こんな朝早くから誰が電話してきてるんだと目が覚める。

「(ガチャッ)はい、なんでしょうか…」
「お客様、チェックアウトのお時間ですがご延長はなされますか?」

寝ぼけ眼で携帯電話の時計を見る。午前10時を表示していた。

あー……寝 過 ご し た orz
IMGP6572.jpg IMGP6574.jpg
10:30 出発
僕がビジネスホテルをツーリングで滅多に使わない理由の1つに『寝坊するリスク』が挙げられる。いや、疲れた状態でふかふかのベッドで寝て寝坊しない方が凄いよ…。
それはともかく、昨夜のうちに整えておいた荷物を担いで大急ぎでフロントに行き、頭を下げてチェックアウトしたのであった。

IMGP6579.jpg
R4を北上していくと岩手県に突入した。この後、この旅初めてのピースサインをチャリダーと交わした。

IMGP6580.jpg
13:25 中尊寺金色堂
東北を旅するなら是非とも見ておきたかった中尊寺にやって来た。駐車料金は50円。

IMGP6584.jpg IMGP6590.jpg
右の写真が本堂。

IMGP6597.jpg
幽玄な雰囲気漂う金色堂の保管されている建物。内部は撮影禁止だったので写真が無いけれど、金色堂の名の通りすんごくきらびやかなお堂だった。こりゃ松雄芭蕉も見たら感動するわな。
ちなみに個人的に驚いたのは、屋根が木でできていることであった。

IMGP6604.jpg
自販機にビンのジンジャーエールがあったのでぽちっとな。最近じゃ中々珍しいんじゃないかな。

平泉からR343→三陸自動車道→R45と乗り継いで三陸海岸方面へ。途中で食糧を買いつつ、向かったのは姉吉キャンプ場。最後のr45はとんでもない山道だったけど。

IMGP6609.jpg IMGP6614.jpg
管理人さんの家で利用申請を提出。1泊300円。FOMAで極まれに電波が届いたけれど、基本圏外。設営地は海に向かってなだらかな傾斜。でも綺麗なトイレとシャワーはあるし、照明はあるしで意外と良いキャンプ場だと思った。

先客のチャリダーと話をしつつテントを設営していると、これまた先客の夫婦に食事のお誘いを受けた。余ったので食べていってくれというので、お言葉に甘えて刺身やらご飯やらお酒やらご馳走になった。夫婦は釣りをしながら旅をしているそうで、今宵もこれから夜釣りに出るのだとか。チャリダーは19歳で、日本一周中。アルコールも回り、旅の話を中心に大いに盛り上がった。

IMGP6611_20100817013716.jpg
チャリダーの青年。元野球部出身と言うこともあって礼儀正しい好青年だった。

ちなみにこんなやり取りがあった。

青年「実は僕、友達から『この人形と一緒に写真撮ってメールしてくれ』って頼まれてるんですよ」
秋風「どんなの?」
青年「確か"なんとかミク"って言ってたような…」
秋風「それって初音ミクじゃない?」
青年「あ、それです!」
秋風「マジデーw」

↓これ
51opxPo0thL_AA300_.jpg

しかしその友人、何も青年に頼まずに自分で旅に出ればよいものを…。

ま、そんな感じで色々話を続けて、22時ごろに就寝。翌朝は本州最東端のとどヶ崎を目指すつもりだ。


【⇒3日目へ】
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する