スラロームと波状路の壁

今日も今日とて2コマ教習でした。いくつか課題が見えてきました。
まずスラロームで6秒代後半から短縮できません。その原因はライン取り(最初の進入角度)もそうなのですが、どうもスロットルワイヤーの遊びが大きすぎるのが原因でもある気がします。身体(腕)はパイロン横のクリッピングポイントでアクセルを開けようと動いているのですが、遊びのせいで一瞬遅れて動力が伝わるようになってしまっているようです。それで立ち上がりが一瞬遅れて、次の倒しこみをより深くしなければならない→アクセル開けるタイミングが遅れる→以下エンドレスとなってしまっているようです。あと若干ハンドルをこじって曲げてる感があるので、もっと体重移動をしっかりとして曲げていかないといけないと思いました。規定時間は7秒以内なのですが、次の見極めの時には6秒代前半まで縮めたいところです。
あと波状路が綺麗に通過できません。速度が一定しないのです。原因は半クラッチ。もう少しクラッチをつなげた状態で突入しないと、速度を一定に保ったまま安定して通過できないようです。幸いにも今まで転倒とエンストがないのですが、まだまだ精進する必要があります。
一本橋は問題なし。急制動はまだ雨の中でしかやったことが無いので、規定距離が短くなる晴れの日がちと不安です。クランクS字は全く問題なし。


ところで、夏旅の目的地に青森と秋田を追加することにしました。日程的に仙台の七夕祭りは無理そうでも青森のねぶた祭り、秋田の竿燈祭りなら見てそうなんですよ。特に青森のねぶた祭りには毎年多くのライダー・チャリダーが参加するそうなので、僕も衣装着て一緒に参加したいなとw
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する