積載考察1

積載方法を考察中です。これまでは防水ザック+サイドバッグ(標準装着)でやってきたのですが、これだと
・固定をしっかりできない(シートが狭い+ロープの引っかける場所等々の問題で)
・テントを外に出す必要があり、それを積む場所も難儀する(ザックの上の積むことはできるが、重心が高くなりすぎる)
という問題点があります。とにかく安定感がないというのが総じて言えます。
逆にメリットは
・雨が降っても気にしない
ぐらいでしょうか(汗)。あぁ、あとは安かったこともありますね。・・・そんくらいかorz

そこで積載方法をあれこれ考えてみました。
1.オートリメッサ製のキャリアを装着
○後方部分にも積載スペースが生まれ、テントも安定して積載できる
×値段が地味に高い(12,600円もする)
×タンデムグリップとの併用負荷
×ザックの安定感にはつながらない

2.少佐行きつけのバイク屋に頼んでタンデムグリップにつけれるキャリアを作ってもらう
○タンデムグリップとの併用可
○テントを安定して積載できる
×値段は未知数
×やはりザックの安定感にはつながらない
×そもそも実現可能かどうかもわからない

3.専用バッグ(例えばモトフィズのフィールドシートバッグとか)を使う
○テントも収納できるし、比較的安定して装着可能
×値段の問題ぐらいか?

4.グレゴリーアルパカのような3Wayダッフルバッグを使う
○現状のザックよりも横に長いので安定する
○バイクだけでなく日常的にも使えるようなデザイン
×高い(16000円以上もするって・・・)
×固定方法を考える必要がある
×過去の経験上、ダッフルバッグは横に垂れてサイドバッグを開けられなくなる→急な雨に遭っても雨具をすぐ取り出せない

5.パイプいすを簡易キャリア代わりに取り付ける(つまり、ザックの下に敷いてからザックを固定し、その後にテント等をはみ出した部分に積載する)
○安上がりで実現可能性が高い
×横滑りしないか心配(積載時・走行中)

と5つ考えてみたのですが、1万ちょっと出せるなら専用のバッグ、安く仕上げるならパイプイスキャリアって感じですかね。ただ今回の旅は過去最長の期間になるので、積載のしやすさもポイントとなってくると思います。そう考えると専用バッグが一番か。うーん悩みますw

まぁまだ2カ月ちょいありますので、じっくり考えようと思います。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する